August 4, 2017

Making Blueberry Jam, Using Ume/梅を使って、ブルーベリージャムを作る

On August 2, my father got more than 2 kg of frozen blueberries from a neighbor.
8/2、父は近所の方から冷凍ブルーベリーを2キロ以上もらいました。
 
I was given the assignment of turning them into jam. I first thought it was an easy task.
これをジャムにする仕事を与えられました。最初は簡単な仕事だと思いました。
I first put the 2 kg of blueberries in two Tupperware containers, microwaved each container with 300 g of sugar in a 600-W microwave oven for a total of 4 x 3 = 12 minutes.
まず2キロのブルーベリーを2つのタッパー容器に入れ、各容器に砂糖を300 g入れて600Wの電子レンジで合計4 x 3 = 12分加熱しました。
Very watery. I left them overnight to see how the texture would change.
とても水っぽくなりました。一晩おいて、どう変わるか見てみました。
 
On the early morning of August 3, I checked them and found they were still watery. My father tasted some, and didn't like it. I decided to simmer them in an enameled pot for 20-30 minutes.
8/3の早朝、チェックすると、まだ水ぽっかたです。父が味見しましたが、気に入らないので、ホーロー鍋で20~30分煮ることにしました。 

I added 400 g of sugar to the pot to make the blueberry to sugar ratio 2 to 1. I simmered them for 30 minutes. Still quite watery.
鍋に砂糖を400 g入れて、ブルーベリーと砂糖の割合を2:1にし、30分煮ました。まだかなり水っぽいです。
I decided to add two of the eight ripe ume that had been sitting in the freezer to add pectin.
ペクチンを足すため、冷凍庫にあった8個の熟した梅のうち2つを入れることにしました。


After simmering for several minutes, I checked to see if the added ume had changed the flavor of the contents of the pot. I found that the ume had enhanced the flavor. The texture was still watery, however.
数分煮てから、加えた梅のせいで鍋の中身の味が変わったかどうか調べましたが、梅のおかげで味が良くなったと思いました。でもまだ水っぽいままです。

I later added two more.
後で、さらに2個足しました。
Still watery. I decided to add all the remaining four ume.
まだ水っぽいので、残りの梅4個を全部入れることにしました。
I also added 200 g of sugar so that the jam would contain 60% sugar.
また、ジャム砂糖含有量が6割になるよう、砂糖を200 g足しました。

Still not quite jam-like texture. I decided to leave it overnight.
まだジャムのような食感になりません。一晩おくことにしました。

This early morning, I checked the texture to find it was slightly thicker than last night.
今朝、チェックすると、昨晩よりは少しとろみがついていました。

This time, I got an OK from my father. I rinsed four empty blueberry jam glass bottles with running water, and microwaved them, two at a time, in a 600-W microwave oven for one and a half minutes in an attempt to sterilize them.
今度は、父から承諾をもらえました。ブルーベリーの空きガラス瓶を4個、流水で洗い、2個づつ、
600Wの電子レンジで1分半加熱し、殺菌しました。
My father consumes a considerable amount of store-bought blueberry jam with yogurt every morning. Luckily, I have saved some of the empty bottles.
父は、毎朝、かなりの量の市販のブルーベリージャムをヨーグルトと一緒に食べます。運よく、空き瓶をいくつかとっておきました。
The jam made from 2 kg of blueberries and 1.2 kg of sugar filled the four glass bottles.
ブルーベリー2キロ、砂糖1.2キロで作ったジャムでガラス瓶4個がいっぱいになりました。


I told my father that these four bottles contained eight ume seeds and that he should be careful when consuming the jam.
この4個の瓶には梅の種が8つ入っているので、食べる時は注意する必要があることを、父に伝えました。

Why did I add ume, you might ask. Lemon juice is usually added as a source of pectin, but I didn't want to drive just to get some lemon juice. Ume contain a considerable amount of pectin, and besides, I know from the home-made grape jelly that ume have a potential to enhance the flavor of another type of fruit.
なぜ梅を足したかと言うと、ペクチン源としてレモン果汁を入れるのが普通ですが、わざわざ車を運転してまでレモン果汁を買いに行きたくなかったし、梅にはかなりのペクチンが含まれていて、その上、この自家製ぶどうゼリーから梅には、他の種類の果物の味を良くする可能性があると分かっているからです。